NIMASO調査, NIMASO豆知識

2023Apple新型MacBook発売日いつ?ProAirの違いは?おすすめは?どんな人に最適?MacBook何年使える?徹底解説‼

macbookいろんな問題を解消カバー

前書き

 Apple社は2023年10月31日午前9時パソコンガジェットに関するイベントを開催し、新型MacBookPro(マックブックプロー)及びiMac(アイマック)が正式発表されました。

 「2023新型MacBookPro」は31日から予約受付を開始し、11月7日から発売開始。

 そもそもMacBookProとMacBookAirの違いは何か、買う必要はあるのか?という疑問を持っている方は少なくないでしょう。今回はMacBookを焦点に当たって、できるだけ分かりやすく、これに関するよくある質問をまとめて解説します

▼では、早速本題に入りましょう▼

目次
MacBookPro&MacBookAirの違いは?
MacBookPro&MacBookAirのおすすめは?
新型MacBookProはどんな人に最適?
MacBook使用寿命はどれくらい?買い替え必要ある?

MacBookPro&MacBookAirの違いは?

簡単に言うと:

MacBookPro(プロー)&MacBookAir(エアー)の違い軽さ厚さ価額スペック

軽さ&厚さ:

「MacBook Air」 は「MacBook Pro」より軽量・薄型で持ち運びやすいタイプ

価額:

同じ容量を選ぶ場合にはPro(プロー)モデルはAir(エアー)モデルより値段が高くなります

スペック:

「MacBook Pro」 はCPUやGPUなどの性能を高めた、プロユーザー向けのデバイス

「MacBook Air」 は簡単な作業をし、もっと手頃な価格で提供される、エントリー向けのデバイス

 もちろん筐体デザインやサイズもモデルによって違っています、グラフと合わせて読んでみてください。

(2020-2023)MacBookモデル(一部)まとめ▼

Image:corriente

 MacBookモデルのチップは「M3/M2/M1」の三種類があり、最近発売された「2023新型MacBookPro」は最先端なM3チップが搭載しております。

 しかし、現在のM3を搭載するMacBookAirはまだ発行していないので、簡単な作業を行いたい方は、新型のMacBookAirが発売されるまで、少し待つのもいいかもしれません。

ほかのよくある疑問:

Q:M3M2M1って何?違いは?

A:「M3/M2/M1」はパソコンのチップです。   

数字が高くなるほどモデルの性能が高くなります。

強さの比較:M1<M2<M3

*ちなみに「2023新型MacBookPro」は最新のM3チップを搭載しており、三種もあります。

強さの比較:「M3」 <「M3 Pro」< 「M3 Max」

MacBookPro&MacBookAirのおすすめは?

1分でわかるApple・MacBookのおすすめ

普段使い向け:

コスパ最強モデル|MacBook Air 13インチ M1チップ

ドラマ大満足モデル| MacBook Air 15インチ M2チップ

ビジネス向け:

持ち運びが多い場合|MacBook Air 13インチ M1チップ

長時間作業・編集が必須|MacBook Pro 16インチ M2 Maxチップ

クリエイター向け:

①4K動画・写真編集コスパ最強|MacBook Pro 14インチ M2 Pro

②クリエイティブ作業初心者|MacBook Pro 16インチ M2 Max

大画面・最強スペック欲しい|MacBook Pro 16インチ M3 Max

「2023新型MacBookPro」はどんな人に最適?

 

Image:Apple

結論として:

 画像編集/動画編集/音楽制作などの長時間のクリエイティブ作業を行いたいと同時に制限されず自由に働きたい方に最適です。

 最新版の「2023MacBookPro」はゲーム遊びにも余裕に運行られますが、さすかにゲームを遊ぶために値段の高いMacBookプローを買う必要がありません。

 *もちろんAppleの強みはソフトの一体感で、OSの操作感が気持ちいいが、Macでないといけない理由がなければ、コスパや互換性の高いWindowsでいいだっと思います。

具体的には下記の場面に最適:

引用:Apple

ソフトウェアの開発、写真編集、STEM、グラフィックデザイン、3Dレンダリング、音楽制作、ビデオ編集

長時間のクリエイティブ作業に最適な理由:

↓スペックを一見しましょう↓

Image:Apple

<より高速、より精細に映す、より長く駆動時間>

①最も先進的なチップ【M3】に進化、より高速なGPUを採用

②グラフィックス性能がプローに目指す  

プロ向けアプリやゲームのパフォーマンスを大きく引き上げられる  

・ゲームをかつてないほどリアルで精細に映し出すできる  

・より視覚的に複雑なシーンをレンダリングできる

レンダリングもっと快適、M1Proより最大2.5倍高速

バッテリー駆動時間がMac史上最長、最大22時間使える

MacBook何年使える?買い替え必要ある?

 

Image:Apple

アイデア引用:takakuureru

MacBook何年使える?使用寿命はどれくらい?

結論として:4-8年

Image:s-checker.jp

画像:MacBookの寿命を検索した結果↑

 アップル公式サイトでは「模擬的な使用シナリオのもとで稼働する製品の消費電力を測定します。……評価においては、…使用年数について、macOSまたはtvOSを搭載したデバイスは4年とするモデルを採用しています。」と発表されています。

 つまり、Apple公式発表ではMacBookの寿命は4年です。

 しかし、「ほとんどのApple製品は耐用年数がこれよりも長く」も書いていますので、MacBookを4年以上不具合がなく使用することも可能です。

 実際、10年経っても問題なく使えるMacBookもあるのです。それはバッテリー容量、使用回数、作業時間の長さに関わっています。

 もちろん、容量が高れば高いほど、MacBookの寿命はより長くなるでしょう。


MacBook買うべきか?買い替え必要ある?

A:作業に必要となる場合には性能の高いMacBookを買い替えるのがおすすめです。

 あと、パソコンを買うとき、スペックと価額のバランスを整えるのが大事だから、用途や予算を合わせて判断したほうがいいと思います。

新型MacBookProの価額一覧→

B:高い基準のMacBookを買わなくてもいい場合には、まずMacBookの寿命が来るかどうかを確認しましょう↓


MacBookの寿命が来るサイン

 実際、MacBookの使用年数に関わらず、下記のようなサインがあったら、修理に出すか買い替えを検討したほうがいいと思います。

文字元:takakuureru

1. 起動時の異音

2. 本体が異常に熱くなる

3. バッテリーの減りが早い

4.画面がフリーズする

5.電源がオフになる/電源を入れても起動しない

6.電源が一瞬入るがすぐに切れる

7.起動に時間がかかる

8. macOSの最新版を実行できない

9.常に空き容量不足になる


MacBookに役立つこれを買うべき‼関連製品おすすめ▼

長時間作業をするあなたにおすすめ‼

商品:NIMASOアンチグレアフィルム MacBook Air/Pro

素材: シリコーン

おすすめ理由:

①目に優しい・反射を有効的に押さえ、どこでも画面をしっかりと見える

②スクリーンを守り・いつでもきれいな画面を保つ


商品:NIMASO ノートパソコンスタンド折りたたみ式

素材:‎アルミ合金、PC、シリコーン, ゴム

おすすめ理由:

①姿勢改善・腰痛&猫背解消

②高さ&角度調整可能、可動式接触面

③耐重10kg・放熱性抜群

④精巧な構造・幅広い対応機種・収納便利


持ち運ぶ・よく外出するあなたにおすすめ‼

商品:NIMASOMacBookケース

素材: プラスチック

おすすめ理由:

①本体の開閉に影響せず、MacBookの美しさをそのまま楽しめる

②高い通気性、通気性及び放熱性が良い

③優れた耐久性、薄型の高透明ハードカバー


気になるブログ:

2024年アップル初売り1月2日から5日まで最高30,000円分のギフトカード、先着50,000名様にApple AirTagを!

2024年に買うべきケース予想!!iPhone16・iPhone15・iPhone14/13用スマホケースおすすめ

Apple社新型Mac発表イベントが開催!変化と価額は?→

大人・万能型デザイン・おしゃれのマットケースを秋冬に買うべき‼理由は?→

NIMASOのiPhone15フィルム&ケースまとめ|おすすめをチェック!→

アップル2023新型MacBookProの発売ページ→

以上がMacBook問題解消まとめでした。

【♡いいね♡】をお願いします!お読みいただきありがとうございました!


    コメント、シェア、お待ちしています!

      フォローして、ポイント、イベントとiPhone最新情報をお見逃しなく

Related Posts

コメントを残す