品質はNimasoの魂

強化ガラスフィルムはシンプルで一見簡単そうな商品に思われがちですが、生産工程は極めて精細かつ複雑です。強化ガラスフィルムのクオリティを担保するために、全ての製品において、11の加工プロセス、4回の全数検査、そして6回の各種試験項目にすべて合格して、初めて商品として出荷されます。

素材のガラスの全数検査→切断加工→CNC彫刻→全数検査→ラウンドエッジ加工→超音波洗浄→強化加工→超音波洗浄→全数検査→落球衝撃試験→硬度試験→曲げ試験→AFコーティング→超音波洗浄→接触角測定→摩耗試験→アンチブロッキング剤(AB剤)塗工→貼り付け試験→剥離フィルム加工→マーキング→全数検査→パッケージング

これらすべての生産工程は各部門と連携し、検査と試験を交互に組み入れることで、より厳しい水準の工程管理を行っています。非常に手間がかかりますが、タイムリーな問題検出、改善を行うために必要なプロセスです。

Nimasoは誠心誠意商品と向き合い、不良品をお客様の元にお届けしないよう一層努力致します。